イタチの撃退を確実に行ないたいなら罠や仕掛けを併用する

頑丈な金網やワイヤー

作業員

害獣は住宅地や畑に侵入して食物を食い荒らしますが、そうするかどうかは土地は持つ雰囲気を観察してから行います。野生動物は人間の存在を感じるとうかつには近づいてきません。その為多くの害獣は夜間もしくは夕方から行動する事が多いです。人は夜間に就寝する事があるので害獣による被害を見張る事は困難になってきます。しかし丈夫な金網やワイヤーを設置する事で侵入自体を防ぐ事が出来ますし撃退出来ます。

イタチは小型で細身の体形をしています。その為、設置する金網も細かい物にする必要があります。網目が細かいだけではなく、丈夫でなければなりません。一見可愛らしい容姿のイタチですが獰猛で攻撃的です。しかも丈夫で鋭利な歯を持っているので柔らかい金網ならたやすく破ってしまいます。イタチの撃退に適している金網を選ぶには専門業者の意見を参考に選びましょう。イタチが侵入を諦める様な丈夫な素材は鉄が良いでしょう。さらに鉄だけなら劣化しやすいので鉄の表面に亜鉛加工が施されている金網なら丈夫で長持ちします。金網を設置する場合には地中深くまで掘り越して設置しましょう。イタチの場合は穴を掘る事も得意なので金網を設置して土を掘り起こして侵入します。深くまで金網を設置する事で侵入の意欲を無くし撃退します。金網と併用して夜間に光るワイヤーも設置すると撃退の効果を倍増する事が出来ます。ワイヤーは日中に太陽光を吸収して蓄積する機能があります。昼に蓄積した光を夜に発光する事でイタチに対して威嚇を行います。